角島灯台 ( つのしまとうだい )

ルート・所要時間を検索

住所
〒759-5332 山口県下関市豊北町大字角島2343-2
電話番号
0837860108
ジャンル
灯台
時間
[3-9月]9:00-17:00
[10-2月]9:00-16:30
滞在目安時間
0-30分
休業日
年中無休
※ただし、荒天や灯台工事に伴い休止する場合あり、その場合は、燈光会HPの残波岬灯台ページでお知らせ
料金
【参観寄付金】
[中学生以上]300円
※小学生以下、障がい者(介助の方1人まで)の方は無料です
駐車場
無し(ただし、灯台周辺に公園駐車場あり)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
乳幼児の入店
可(保護者による責任のもと可)
紹介
徳山産花崗切石を装飾的に配した美麗な外観が特徴の灯台。明治9年(1876)、日本海側初の大型灯台として設計された。細い螺旋階段をのぼった先からは、南国のような絶景を眺めることが可能だ。平成12年(2000)に角島大橋が開通し陸続きとなったため、この灯台を目的地にして角島大橋のドライブを楽しむ観光客も多い。
備考
※電話番号は角島支所に繋がります。
提供情報:ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 3.0 2023/02/01
    角島灯台のすぐ横にあります
    角島に渡ってそのまま一気に島の西の端までやってきました。そこに立っているのが角島灯台です。明治9年につくられたという角島灯台は、高さがおよそ30mもあります。その高い灯台のすぐ横に、角島灯台記念館がありました。\ この灯台記念館は、職員の宿舎だった施設で、館内には、角島の歴史や日本各地にある灯台が紹介されており、また、灯台長の部屋なども復元されて見学することができました。
  • 3.0 2023/01/05
    かつて灯台守の宿舎として使われていた建物です
    角島の西の端に建つ真っ白い角島灯台。この灯台は明治9年に灯がともされたという、日本海側で最も古い西洋式の灯台です。この灯台の横に、記念館が建っていました。\ この記念館は、かつて灯台守の宿舎として使われていた建物なんだそうです。角島灯台の歴史はもちろん、角島についての展示もありました。
  • 4.0 2021/12/03
    旧灯台官舎
    角島の西端にある角島灯台。全国に16ある登れる灯台のひとつです。その隣に九年間として資料展示室があります。元灯台官舎で、レンガの壁や暖炉などが残っています。

周辺情報

※下記の「最寄り駅/最寄りバス停/最寄り駐車場」をクリックすると周辺の駅/バス停/駐車場の位置を地図上で確認できます

最寄り駅

周辺に駅はありません

最寄りバス停

1灯台公園前
約535m 徒歩で約7分
バス乗換案内 | バス系統/路線
2森の前(山口県)
約741m 徒歩で約9分
バス乗換案内 | バス系統/路線
3大浜海水浴場
約1.0km 徒歩で約13分
バス乗換案内 | バス系統/路線

最寄り駐車場

周辺に駐車場はありません

角島灯台までのタクシー料金

NAVITIME × 位置情報広告
NAVITIMEプレミアムプラス
本機能を他の方におすすめしたいですか?
おすすめ
したくない
どちらとも
いえない
おすすめ
したい
送信
ご回答ありがとうございました。
今後も品質の向上に努めてまいります。