「認知・興味」を獲得する

NAVITIME Ads

NAVITIMEプラットフォームを活用したデジタル交通広告。生活圏や未来の行動に対して継続的な情報発信が可能。

NAVITIME Adsのターゲティングメニューはユーザーの一連の「移動行動」に沿って設計されています。組み合わせて活用することで継続接触とユーザー行動の把握につながります。

ターゲティングメニュー設計
ターゲティングメニュー設計
01
施策ジャンルターゲ
比較・検討時に候補先としての情報発信(上位掲載・周辺オススメ掲載)
02
ルート検索/コンテンツターゲ
目的地、エリア、移動手段に合わせて情報発信
(バナー掲載・地図アイコン表示)
03
位置情報/ 行動属性ターゲ
実来訪者(来訪予定者)への情報発信
(バナー掲載・データ活用)

「生活圏」をデータで捉え、消費行動と密接に関係する移動計画や現地行動のタイミングで、エリア特性や商品の特徴にあわせた「継続的な情報発信」を行うことで認知獲得に貢献します。

生活圏を的確に捉えて継続接触
  • NAVITIMEでは日々の移動で利用されるなかで取得される検索ログから、ユーザーの生活圏をデータで捉えることができます。
  • 全ての消費の拠点となる生活圏内で継続的に情報発信をおこなうことで、日用品から非日常のレジャーまで、様々な認知と興味を高めます。
生活圏内での消費行動
消費のタイミングを逃さない
  • 消費の多くは家の外で発生していると考えられます。移動中は目的地での消費はもちろん、様々な情報があり消費が活発化するタイミングです。
  • NAVITIMEは移動の直前に利用されることが多く、移動計画の際に接触することで想起しやすいタイミングを狙えます。
消費タイミングを逃さない
エリア特性を加味
  • オフィス街、商店街など、エリアによってお店の種類や特性も様々です。
  • NAVITIMEでは900万件を超える施設データベースから、エリアごとの特徴とユーザーの流出入状況を見ながら商品・サービスにあわせた情報発信をおこないます。
エリア特性を加味

ターゲティングメニュー

活用事例

NAVITIME Ads:ルート検索ターゲ
ビジネスエリアの商業施設からビジネスパーソン向け広報
立地、ターゲットに合わせてピンポイントターゲティング
三井不動産商業マネジメント株式会社
NAVITIME Ads:ルート検索ターゲ
湘南エリア訪問の方に対し、湘南モノレールの観光情報やお得なチケットを訴求
来訪予定者へのピンポイント訴求による行動変容の促進
湘南モノレール株式会社
NAVITIME Ads:ルート検索ターゲ
空港直行バスの利用促進を狙ったターゲティング広告事例
乗換検索で羽田空港へのルートを検索時に広告を掲載
京浜急行バス株式会社