島根県の週間イベント一覧

絞り込み検索
  • 冬季企画展「和鏡」
    島根県松江市大庭町456[地図]
    期間
    火曜日休館。入館は16:30まで。
    交通
    山陰自動車道松江東ICより約5分
    JR松江駅より一畑バス八雲行き約18分、風土記の丘入口下車徒歩2分
    紹介
    今年の冬は古代-近世を中心とした出雲地域の鏡が大集合! 姿を映すだけではない、鏡に込められた思いを紹介。鏡の奥深い世界へ誘う。 主催:島根県立八雲立つ風土記の丘・BSS山陰放送 後援:松江市・松江市教育委員会
    情報提供:イベントバンク
  • 「うちの子参観日」ペットの写真募集展
    島根県江津市桜江町川戸472-1[地図]
    期間
    毎週木曜日休館
    交通
    浜田自動車道旭ICより約17km
    石見交通江津川本線川戸バス停より徒歩約10分
    紹介
    ただただ自慢したい、可愛いうちの子を見てほしい、そんな人たちの願いが叶う展示会が開催される。展示室では保護活動についての動画やパネルなど展示し、捨て犬や捨て猫がこれ以上増えないように、小さな命を守るために啓発活動も予定。作品の募集もあり。
    情報提供:イベントバンク
  • ホール展 鐘築等「の・ような似顔絵展」
    島根県出雲市斐川町神庭873-8[地図]
    期間
    会期中無休。最終入場は16:30まで。
    交通
    山陰道「斐川」ICより約5分
    JR山陰本線「荘原」駅よりタクシー約5分
    紹介
    出雲市在住の鐘築等さんによる、色画用紙を切り貼りして作った作品約50点を展示する。島根ゆかりの有名人や今人気のあるタレントなど完成度の高い作品を楽しんでみよう。
    情報提供:イベントバンク
  • 古代出雲歴史博物館 ミニ企画「お経をめぐるいとなみ -かく・かざる・つたえる-」
    島根県出雲市大社町杵築東99-4[地図]
    期間
    会期中の休館日は、2月20日(火)、3月5日(火)。開館時間は、2月29日(木)まで 9:00-17:00(最終入館16:30)、3月1日(金)から 9:00-18:00(最終入館17:30)。
    交通
    山陰道「出雲」ICより約20分/石見銀山より国道9号線・くにびき浜岸道路経由で約1時間
    JR「出雲市」駅よりバス約30分(正門前)/一畑電車「出雲大社前」駅より徒歩約7分
    紹介
    お経の内容を書き写し、世の中に広く伝えることは、仏教的に良い行いとされた。そのため昔の人々は、さまざまな工夫を凝らした。大切なものとして丹念に書き、華やかに飾ることもあった。文字だけでは難しい内容ならば、絵を描いて伝えようとした。遠い未来まで仏教が伝わるように、地中に埋めたりもした。この展示を通して、さまざまなお経の存在と、それをめぐる人々のいとなみを紹介する。
    情報提供:イベントバンク
  • ギャラリー展「糸をつむぐ」
    島根県出雲市大津町2760番地[地図]
    期間
    休館日は毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)。入館は16:30まで。
    交通
    山陰道斐川ICから出雲ロマン街道(簸川南広域農道)経由で約10分
    一畑電車「大津町」駅より徒歩約20分、三刀屋出雲線「出雲弥生の森博物館前」よりすぐ
    紹介
    普段私達が使う糸は、繊維を撚り紡いでつくられている。古代の人々も、現代と同じように短い繊維をよることで長い糸に加工し、その糸で布を作っていた。そして弥生時代から糸を撚るのに使われていたのが「紡錘車」だ。今回の展示では、市内の遺跡から出土した紡錘車を展示し、出雲における糸つむぎの技術について紹介する。
    情報提供:イベントバンク
  • カラーサンドで作る砂絵展 砂絵アーティスト MIuRA個展
    島根県大田市仁摩町天河内975[地図]
    期間
    休館日は毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)※但し4/27-5/6は開館し、5/7・8休館
    交通
    山陰自動車道大田中央・三瓶山ICより約20分/浜田自動車道江津ICより約30分
    山陰本線仁万駅より徒歩約15分
    紹介
    MIuRAさんは、中学校の美術の授業で砂絵にはまり以後独自で活動中。砂絵の面白みを広く知ってもらい砂絵を身近に感じてもらえばとアート系のイベント出展やワークショップを開催することも。砂は目の細かさが違う2種類の白い珪砂をアクリル絵の具で着色した独自の色砂を使用。中には制作過程で色が混ざった砂をさらに着色し再利用した二度と再現できない色砂もある。今回色鮮やかな砂絵で表現した48点を展示する。
    情報提供:イベントバンク
  • 島根邦楽集団 第18回定期演奏会
    島根県益田市有明町5-15[地図]
    期間
    開場13:00
    交通
    山陰自動車道「石見三隅」ICから約30分
    JR益田駅から石見交通バス 医光寺行き約5分「グラントワ前」バス停下車
    紹介
    島根邦楽集団が結成されたのは、平成17年3月。「流派も年齢も経験も超え、ここ島根県から全国へ邦楽振興の発信をしたい」という熱い思いから、全国的に希有な邦楽集団が結成された。第18回定期演奏会では、ゲストに尺八四重奏団「破竹」を招き、邦楽の魅力を余すところなく届ける。
    情報提供:イベントバンク
  • まど・みちおのうちゅう
    島根県出雲市平田町515[地図]
    期間
    休館日は火曜日。最終入館時間は16時30分。
    交通
    一畑電鉄「雲州平田」駅より約5分
    -
    紹介
    資料や映像でまど・みちおの詩人としての足跡をたどるとともに、絵画作品を通して、詩とはまた違う宇宙観を紹介する。
    情報提供:イベントバンク
  • 春季企画展「科学の力で解き明かす出雲の歴史」
    島根県出雲市大津町2760番地[地図]
    期間
    休館日は毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)。入館は16:30まで。
    交通
    山陰道斐川ICから出雲ロマン街道(簸川南広域農道)経由で約10分
    一畑電車「大津町」駅より徒歩約20分、三刀屋出雲線「出雲弥生の森博物館前」よりすぐ
    紹介
    土の中から出土した資料は、錆びたり、風化したりして形や色が変わっているため、色や材質、構造などは肉眼では分かりにくく、復元することが困難なものもある。最先端の科学機器で分析することで、肉眼観察だけではわからなかったことを科学の目が解き明かしてくれる。
    情報提供:イベントバンク
  • 第141回アシカル講座「弥生墳墓からみた出雲と備後の交流」
    島根県松江市西川津町1060[地図]
    紹介
    令和5年度アシカル講座第2ステージ「古代出雲と諸地域の交流を探るII」の初回。講師は、会下和宏(島根大学総合博物館 館長・教授)。
    情報提供:イベントバンク
  • 第142回アシカル講座「古代瓦からみた出雲と備後の交流」
    島根県松江市西川津町1060[地図]
    紹介
    令和5年度アシカル講座第2ステージ「古代出雲と諸地域の交流を探るII」の第2回。講師は、藤川翔先生(三次市教育委員会 文化と学びの課 主任主事)。
    情報提供:イベントバンク
  • 【桜・見ごろ】木次公園
    島根県雲南市木次町木次[地図]
    期間
    開催日は見ごろ時期の目安、見ごろ時期は気候等により前後する場合あり。
    交通
    松江道「三刀屋木次」ICから約3分
    JR「木次」駅から徒歩約15分
    紹介
    雲南市木次町の中央に位置する標高95mの高台で、桜トンネル、出雲ゆかりの斐伊川、また遠く中国山脈の山々等が一望できる。園内には約400本の桜やツツジがあり、シーズンには花見や遠足に多くの人々が訪れる。
    情報提供:イベントバンク
  • 【桜・見ごろ】松江城山公園
    島根県松江市殿町1-5[地図]
    期間
    開催日は見ごろ時期の目安、見ごろ時期は気候等により前後する場合あり。例年3月下旬-4月上旬頃。
    交通
    「松江西」ICより国道9号経由、約10分
    JR松江駅からバスで約10分
    紹介
    松江市のシンボルである松江城は、国内に現存する12天守のうちのひとつ。平成27年7月8日に国宝に指定された。天守閣の周囲には、ソメイヨシノ・ヤエザクラ・シダレザクラなど約200本の桜の木が植えられており、春になるとそれらが一斉に咲き競う。見事な光景は、日本さくら名所100選に選定されるほど。毎年お城まつりも開催され、ライトアップや地域文化芸能の披露など、多彩な催しを楽しめる。
    情報提供:イベントバンク
  • 第143回アシカル講座「『出雲国風土記』からみた出雲と備後の交流」
    島根県松江市西川津町1060[地図]
    紹介
    令和5年度アシカル講座第2ステージ「古代出雲と諸地域の交流を探るII」の最終回。講師は、橋本剛先生(島根県教育庁 文化財課 古代文化センター 主任研究員)。
    情報提供:イベントバンク

エリア絞り込み(島根県)

NAVITIMEに広告を出しませんか? 行程表クラウド