奈良県の週間イベント一覧

絞り込み検索
  • あじさいまつり
    奈良県大和郡山市矢田町3506[地図]
    0743531445
    期間
    2019年6月1日(土)-7月10日(水)
    交通
    近鉄近鉄郡山駅→バス20分、バス停:矢田寺下車、徒歩5分
    西名阪道法隆寺ICから国道25号経由8km20分。または西名阪道大和まほろばスマートICから15分
    紹介
    飛鳥時代、天武天皇の命により造営した由緒ある古刹。平安時代以降、地蔵信仰の中心となった矢田寺はお地蔵さまにちなみ、50年ほど前からアジサイを植え始めた。現在はあじさい寺として全国的に知られ、2万5000平方mの広大な境内に約60種1万株のアジサイが咲き揃う。
    【主会場】矢田寺
    【問合せ先】矢田寺大門坊 0743-53-1445
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 開山忌舎利会
    奈良県奈良市五条町13-46[地図]
    0742337900
    期間
    2019年6月5日(水)-6月6日(木)
    交通
    近鉄西ノ京駅→徒歩8分
    第二阪奈道路宝来ICから10分
    紹介
    鑑真和上の御忌である6月6日を中心とした法要は5日16時、6日13時-。講演会は6日。御影堂修復のため、鑑真和上の特別開帳は新宝蔵にて行われる。障壁画については御影堂修復完了まで公開はされない。
    【主会場】唐招提寺講堂、新宝蔵
    【問合せ先】唐招提寺 0742-33-7900
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 黄金ちまき会式
    奈良県奈良市虚空蔵町46[地図]
    0742629303
    期間
    2019年6月13日(木)
    交通
    近鉄近鉄奈良駅→天理行きバス15分、バス停:下山町で乗継ぎ、コミュニティバス9分、バス停:高樋町下車、徒歩5分
    名阪国道天理東ICから3km7分
    紹介
    自然の恵みと健康を祈る会式。柏の葉で巻いたちまきをお供えし、家内安全、無病息災を祈願する。9-16時。お守の黄金ちまきは、1連1300円で購入できる。
    【主会場】弘仁寺
    【問合せ先】弘仁寺 0742-62-9303
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 三枝祭(ゆりまつり)
    奈良県奈良市本子守町18[地図]
    期間
    2019年6月16日(日)-6月18日(火)
    交通
    JR奈良駅→徒歩7分
    紹介
    三輪山の笹ユリを神前に供え、17日午前にはユリを手にした巫女が優美な神楽を奉納する。スケジュールは、16日11時過ぎ-「ささゆり奉献行列」、引き続き「ささゆり奉献奉告祭」、15時-「宵宮祭」、17日10時30分-「三枝祭・ゆりまつり」、13時15分-「七媛女(ななおとめ)・ゆり姫・稚児の市内行列」、18日10時-「後宴祭」、16時30分頃-「奉納演芸大会」となる。 画像提供:(C)大神神社
    【主会場】率川神社
    【問合せ先】大神(おおみわ)神社/率川神社 0744-42-6633/0742-22-0832

    【画像提供元】(C)大神神社
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
    画像提供:(C)大神神社
  • 竹供養(がん封じ夏まつり)
    奈良県奈良市大安寺2-18-1[地図]
    0742616312
    期間
    2019年6月23日(日)
    交通
    JR奈良駅→バス10分、バス停:大安寺下車、徒歩10分。または近鉄奈良駅→バス10分、バス停:大安寺下車、徒歩10分
    紹介
    古来中国では、陰暦5月13日を竹酔日、あるいは竹迷日、竜生日、竹誕日、竹供養と称し、この日に竹を植えればよく育つといわれる。これに合わせ、日本の生活・文化に欠かせない竹に感謝し、供養の法要を行なう。また当日は、早朝からがん封じの祈祷が行われ、笹娘による大安寺名物の笹酒が振舞われる。13時-竹供養の儀。虚無僧による尺八の奉納演奏もある。奈良駅前から門前まで臨時バス多数あり。
    【主会場】大安寺
    【問合せ先】大安寺 0742-61-6312
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • すももの荒神さん
    奈良県橿原市小綱町[地図]
    期間
    2019年6月28日(金)
    交通
    近鉄八木西口駅→徒歩5分
    紹介
    奈良県三大荒神のひとつ。荒神像はふだんは入鹿神社拝殿に祀られているが、この日は橿原市小綱町飛鳥川堤の荒神跡のお堂に運び入れ、祭典を行う。浴衣を着て参拝すると厄除けになるといわれている。荒神像はその日のうちに戻される。
    【主会場】三宝大荒神跡堂
    【問合せ先】橿原市観光政策課/一般社団法人橿原市観光協会 0744-22-4001/0744-20-1123
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 神剣渡御祭(でんでん祭)
    奈良県天理市布留町384[地図]
    0743620900
    期間
    2019年6月30日(日)
    交通
    JR天理駅→車5分。または近鉄天理駅→車5分
    名阪国道天理東ICから県道51号経由2km5分
    紹介
    境内末社の神田[こうだ]神社に、御神剣が渡御し、神田神社の例祭を斎行した後、神前に設けられた斎場で御田植の神事を行う祭典。太鼓を「でんでん」と打ち鳴らしながら行列が進むため「でんでん祭」とも呼ばれ、大和の夏祭りの先駆けとして古くから親しまれている神事。
    【主会場】石上神宮
    【問合せ先】石上神宮 0743-62-0900
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 蓮華会 蛙飛び行事
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2498[地図]
    0746328371
    期間
    2019年7月7日(日)
    交通
    索道吉野山駅→徒歩10分
    南阪奈道路葛城ICから国道169号経由30km50分
    紹介
    昔、金峯山へ登っていた男が蔵王権現や仏法を謗る暴言を吐いたところ、たちまちに大鷲にさらわれて断崖絶壁の上に置き去りにされてしまい、後悔しふるえあがっているのを通りあわせた高僧が蛙の姿に変えて吉野山に連れ帰り、蔵王堂で一山僧侶の読経の功徳によってもとの姿に戻した話を演じる。
    【主会場】金峯山寺 蔵王堂境内
    【問合せ先】金峯山寺 0746-32-8371
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 解除会
    奈良県奈良市[地図]
    0742225511
    期間
    2019年7月28日(日)
    交通
    JR奈良駅→バス20分、バス停:大仏殿春日大社前下車、徒歩5分。または近鉄奈良駅→バス20分、バス停:大仏殿春日大社前下車、徒歩5分
    紹介
    疫病が流行しないように祈る法要。大仏様の前に直径約2mの大きな茅の輪が設けられ、参拝者もくぐることができる。輪をくぐれば、本年の疫病から逃れられると信じられている。
    【主会場】東大寺大仏殿
    【問合せ先】東大寺 0742-22-5511
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング

エリア絞り込み(奈良県)

広告掲載について
NAVITIME