新潟県の週間イベント一覧

絞り込み検索
  • 三条凧合戦
    新潟県三条市上須頃167-1[地図]
    0256345511
    期間
    2019年6月1日(土)-6月2日(日)
    交通
    JR燕三条駅→車5分
    北陸道三条燕ICから国道8号経由2km5分
    紹介
    江戸時代、武家と鍛冶屋の子どもたちのけんかが始まりとされ、大人同士の凧合戦に発展したもの。武者絵巻の六角凧を大空に乱舞させ、相手の凧糸を切り合う空中戦は迫力満点。
    【主会場】三条防災ステーション
    【問合せ先】三条市経済部営業戦略室 0256-34-5511
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 見附市今町・長岡市中之島大凧合戦
    新潟県見附市今町、長岡市中之島[地図]
    期間
    2019年6月1日(土)-6月3日(月)
    交通
    JR見附駅→バス14分、バス停:パティオにいがた下車、徒歩3分
    北陸道中之島見附ICから国道8号経由2km5分
    紹介
    畳8枚分もの大きさの六角大凧が大空を舞う。中之島大橋下流の刈谷田川堤防上で、右岸側の見附市今町と左岸側の長岡市中之島の間で合戦が繰り広げられる。合戦場は、道の駅「パティオにいがた」、「見附市大凧伝承館」に隣接。「越後の凧合戦習俗」として、白根大凧合戦、三条凧合戦とともに新潟県文化財に指定された。 画像提供:見附市
    【主会場】刈谷田川堤防上(見附市今町・長岡市中之島)
    【問合せ先】見附市地域経済課/長岡市中之島支所産業建設課 0258-62-1700/0258-61-2013

    【画像提供元】見附市
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
    画像提供:見附市
  • 尾瀬山開き
    新潟県魚沼市[地図]
    0257927300
    期間
    2019年6月4日(火)
    交通
    JR浦佐駅→バス1時間15分、バス停:奥只見湖ダム下車、徒歩10分
    関越道小出ICから国道352号経由40分
    紹介
    新潟県魚沼市、福島県檜枝岐村、群馬県片品村の各自治体が輪番制で開催。2019年の会場は魚沼市で行われる。式典、安全祈願祭、テープカット等が行われる。
    【主会場】奥只見ダムサイト上
    【問合せ先】一般社団法人魚沼市観光協会 025-792-7300
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 白根大凧合戦
    新潟県新潟市南区白根・西白根[地図]
    期間
    2019年6月6日(木)-6月10日(月)
    交通
    JR燕三条駅→車約30分
    北陸道巻潟東ICから国道460号経由10km約20分
    紹介
    初夏の越後を彩る勇壮な凧合戦で、東軍6組、西軍7組の大凧が競い合う。300有余年の歴史があり、白根側が東軍、味方側が西軍、と両軍あわせて大凧300枚、巻凧1200枚が乱舞する。13-18時。 画像提供:(C)白根大凧合戦
    【主会場】中ノ口川堤防凧合戦会場
    【問合せ先】新潟市南区役所 産業振興課 025-372-6505

    【画像提供元】(C)白根大凧合戦
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
    画像提供:(C)白根大凧合戦
  • しばたあやめまつり
    新潟県新発田市五十公野[地図]
    0254266789
    期間
    2019年6月7日(金)-6月30日(日)
    交通
    JR新発田駅→バス8分、バス停:五十公野下車、徒歩15分(月-金曜のみ運行)。または車約10分
    日本海東北道聖籠新発田ICから国道7号経由8km15分
    紹介
    日本の都市公園100選に選定されている五十公野[いじみの]公園内のあやめ園で開催。1万8000平方mの広大な敷地をもつあやめ園に、約300種類60万本ものアヤメ(ハナショウブ)が咲き競う。その規模から日本4大あやめ園のひとつといわれ、毎年多くの観光客でにぎわいをみせる。週末には各種イベントが開催されるほか、期間中には毎日ライトアップ(18-21時)を実施。アヤメの見頃は6月中-下旬。
    【主会場】五十公野公園内あやめ園
    【問合せ先】一般社団法人新発田市観光協会 0254-26-6789
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • えんま市
    新潟県柏崎市東本町、西本町[地図]
    期間
    2019年6月14日(金)-6月16日(日)
    交通
    JR柏崎駅→徒歩5分
    北陸道柏崎ICから国道252・8号経由4km10分
    紹介
    えんま市は、江戸時代から約200年以上続く柏崎の年中行事。たこ焼き、お好み焼きといった食べ物や、おもちゃを中心に瀬戸物、植木など全国各地から集まった約500軒もの露店(10-22時)がえんま堂のある本町通りを中心に約2kmにわたって立ち並び、この種の市としては他に類を見ない大規模なもので、期間中20万人以上の人で賑わう。この市は新潟の三大高市[たかまち・縁日]の一つに数えられ、露店の数や伝統と格式があるということで、日本の高市番付の大関格に格付けられている。
    【主会場】えんま通り、ぴっから通り、ニコニコ通りほか
    【問合せ先】柏崎市商業観光課 0257-21-2334
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 羽茂まつりの「つぶろさし」
    新潟県佐渡市羽茂本郷[地図]
    0259882160
    期間
    2019年6月15日(土)
    交通
    佐渡両津港→バス1時間20分、バス停:一ノ宮入口下車、徒歩1分
    新潟県佐渡両津港から約1時間
    紹介
    6月15日は、五穀豊穣、子孫繁栄を祈願して、大神楽・鬼舞・妹背神楽と三種類の「つぶろさし」が街のいたるところで奉納される。通称「つぶろさし」と呼ばれる男性役と「ささらすり」という女性役は共通しているが、獅子が出るものや鬼が出るもの、天狗が出るものがあり、年に一度羽茂の街中が賑わう。
    【主会場】菅原神社、草苅神社、商店街
    【問合せ先】羽茂祭り祭典委員会(羽茂商工会内) 0259-88-2160
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 出雲崎大祭
    新潟県三島郡出雲崎町[地図]
    0258782291
    期間
    2019年6月17日(月)
    交通
    JR長岡駅→バス50分、バス停:良寛堂前下車、徒歩1分
    北陸道長岡北スマートICから国道352号経由27km20分
    紹介
    江戸時代の海上鎮護の神事が始まりの、出雲崎石井神社の祭り。昭和に入ると他の町内の神社と合同で行うようになった。沿道には露店が立ち並び、大人神輿、子供神輿が町内を練り歩く。 画像提供:出雲崎町産業観光課
    【主会場】石井神社(石井町-羽黒町)
    【問合せ先】出雲崎町観光協会(出雲崎町産業観光課内) 0258-78-2291

    【画像提供元】出雲崎町産業観光課
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
    画像提供:出雲崎町産業観光課
  • 月潟まつり(角兵衛地蔵尊祭)/伝統芸能フェスティバル
    新潟県新潟市南区月潟[地図]
    0253726505
    期間
    2019年6月22日(土)-6月23日(日)
    交通
    JR燕三条駅→車30分
    北陸道巻潟東ICから国道460号経由10km約15分
    紹介
    角兵衛獅子の守護尊、角兵衛地蔵尊の例祭。江戸時代からの歴史をもつ郷土芸能・角兵衛獅子の舞や民謡流し、子供山車行列などが行われる。縞のモンペに黒足袋、筒袖に襷を掛け、頭に小さな獅子頭をのせて、可憐な舞いを披露する。
    【主会場】月潟商店街・白山神社境内
    【問合せ先】新潟市南区役所 月潟出張所 025-372-6905
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 村上大祭
    新潟県村上市[地図]
    0254532258
    期間
    宵祭2019年7月6日(土)、本祭7月7日(日)
    交通
    JR村上駅→徒歩20分
    日本海東北道村上瀬波温泉ICから4km12分
    紹介
    村上大祭は、三基の神輿に御神霊を奉還して荒馬14騎、稚児行列を先導に町内を巡行する「お旅神事[おたびしんじ]」。圧巻は名匠が制作した「しゃぎり屋台」で、江戸時代中期から伝わるものもあり、見事な彫刻と村上伝統の漆塗りを施した豪華な造りで、まさに絢爛たる美しさ。6日は宵祭、7日は本祭。露店開設期間は7月6日(土)-8日(月)。
    【主会場】村上地区
    【問合せ先】村上市観光協会 0254-53-2258
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング
  • 妙高山関山神社火祭り
    新潟県妙高市関山[地図]
    0255863911
    期間
    2019年7月13日(土)-7月14日(日)
    交通
    えちごトキめき鉄道関山駅→徒歩15分
    上信越道中郷ICから国道18号経由4km5分
    紹介
    1300余年の歴史を誇る関山神社の大祭。13日(土)は若者による仮山伏演武(棒使い)、柱松の儀、松引きと神事が行われ、相撲大会や夜の神楽奉納へと行事が続く。14日(日)は16の菊の御紋をいただいた御輿の渡御、仮山伏の棒使いが行われる。
    【主会場】関山神社境内および関山地区
    【問合せ先】妙高高原観光案内所 0255-86-3911
    情報提供:
    株式会社JTB パブリッシング

エリア絞り込み(新潟県)

広告掲載について
NAVITIME