山形県の週間イベント一覧

絞り込み検索
  • 宝珠山ライトアップ
    山形県山形市大字山寺[地図]
    期間
    開催期間は7月22日(木)-8月22日(日)18:00-21:00、10月24日(日)-11月7日(日)17:00-21:00
    紹介
    俳聖松尾芭蕉の句でも知られる宝珠山立石寺。期間中は、五大堂・開山堂がライトアップされる。
    情報提供:イベントバンク
  • 長井の心・詩と風景
    山形県長井市十日町1-11-7[地図]
    期間
    休館日は月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、月末日(ただし10月31日は開館)。入場は16:30まで。
    紹介
    彫刻家・長沼孝三は、自筆の「長井の心」と題された文章の中で、長井の風景を「世界の宝」であるとして讃えている。一方で、西山と東山に囲まれ、その間を最上川が流れる長井の地形は、十八世紀に李氏朝鮮の地理書「択里志」で記述された「楽土」の条件を満たしており、人間形成にとって理想的な環境であると言われている。そのような風土のもとで生まれた作品を通じて、今も長井の人々の中に息づく「長井の心」について考える。
    情報提供:イベントバンク
  • 中村秀和作陶展-青瓷に魅せられて-
    山形県酒田市御成町7-7[地図]
    期間
    入館は16時30分まで
    交通
    日本海東北自動車道「酒田中央」ICより約15分
    JR羽越本線「酒田」駅より徒歩約5分
    紹介
    出羽三山の主峰・月山と庄内平野の田園風景を眼前にして作陶する中村秀和。山形県鶴岡市に生まれ、陶芸家・荒田耕治に師事した後、郷里に工房を構える。様々な釉薬を研究する中村の代表作は青瓷。凛とした佇まいに独特の柔らかさと温もりを感じさせ、繊細で美しい貫入は最大の見どころ。今展では青瓷の花器や大皿、鉢などを中心に、近年力を入れている黄玉瓷の作品も併せて紹介する。
    情報提供:イベントバンク
  • 怪の連作-長沼孝三の思想と表現-
    山形県長井市十日町1-11-7[地図]
    期間
    休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)、月末日(10月31日は開館)。入館は16:30まで。
    紹介
    長井市出身で、長井市名誉市民でもある彫刻家・長沼孝三による彫塑作品やレリーフ作品、資料などを展示する。第3期となる今展では長沼孝三が晩年に取り組んだ『怪』シリーズを中心に展覧。社会批判を込めながらもユーモラスで親しみやすい造形で、作家独自の世界観が見事に結実している。
    情報提供:イベントバンク
  • プライム企画展「紅と藍 ーくらしを彩るー 」
    山形県山形市霞城町1-8[地図]
    期間
    毎週月曜日定休(月曜祝日の場合は開館、翌火曜日休館)。新規入館は16:00まで。
    交通
    東北中央道山形中央ICより約3km
    JR山形駅より徒歩約15分
    紹介
    この展示会では、山形の伝統的染色文化を歴史的・民俗的な視点で紹介するほか、伝統色の不思議にも科学的視点で迫り、今も昔も変わらず私たちの「くらしを彩る」文化に注目する。
    情報提供:イベントバンク
  • 梅津五郎絵画展
    山形県西置賜郡白鷹町鮎貝7331番地[地図]
    期間
    休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
    紹介
    1920年(大正9)に山形県白鷹町浅立に生まれた画家、梅津五郎の絵画展。梅津五郎は、18歳の時に画家を志して上京。森田茂、熊岡美彦の両氏に師事した。東光展と日展を主な発表の場として1956年(昭和31年)の第12回日展において自らが働く中華料理屋の厨房を描いた「調理場」で特選を受賞。独特の生活感が評価された。白鷹町出身の画家の描く絵画を見に行こう。マスクの着用・隣と距離をあけての観覧に協力を。
    情報提供:イベントバンク
  • 【紅葉・見ごろ】月山花笠ライン
    山形県西村山郡西川町[地図]
    期間
    開催日は見ごろ時期の目安、見ごろ時期は気候等により前後する場合あり。例年の見ごろは10月中旬-下旬。
    交通
    月山ICから約15分
    JR左沢線羽前高松駅から車で約50分
    紹介
    月山周辺を走る国道112号線から見える、月山の紅葉が10月中旬から見ごろを迎える。月山湖と山の紅葉のコントラストが見事。月山湖の大噴水を見ながら楽しもう。
    情報提供:イベントバンク
  • 江戸の風景画
    山形県酒田市御成町7-7[地図]
    期間
    10月・11月は無休。12月は火・水曜日が休館日(祝日の場合はその翌日)。11月・12月の開催時間は9時00分-16時30分。入館は閉館の30分前まで。
    交通
    日本海東北自動車道「酒田中央」ICより約15分
    JR羽越本線「酒田」駅より徒歩約5分
    紹介
    江戸時代に描かれた日本各地の多彩な風景画を紹介。北前船で栄えた酒田、日本三景の松島、地震により隆起する前の美しい象潟、江戸の名所など日本各地の景勝地や何気ない日常の中での暮らしが描かれ人々を魅了した風景の数々を展示。
    情報提供:イベントバンク
  • 肘折温泉 秋の味覚市
    山形県最上郡大蔵村南山488[地図]
    紹介
    肘折温泉名物の「なめこ」をふんだんにつかったキノコ汁や肘折温泉ならではのお惣菜の販売(テイクアウト)を行う。また、夜には「肘折ダムのライトアップ」も開催されるので、秋の肘折温泉を満喫しよう。
    情報提供:イベントバンク
  • 【紅葉・見ごろ】陣峰市民の森
    山形県新庄市[地図]
    期間
    開催日は見ごろ時期の目安、見ごろ時期は気候等により前後する場合あり
    交通
    東北中央自動車道東根ICから約50分
    JR新庄駅から車で約7分
    紹介
    陣峰(じんぽう)市民の森は、神室連峰の陣ヶ峰(じんがみね)の麓に位置する約50haの森林公園。東北自然歩道にも指定されている遊歩道は比較的平坦なため、家族連れにもおすすめ。湖畔広場、芝生公園、展望の森などがあり、特に「湖畔の森」の湖に映る紅葉がとても綺麗。秋はモミジやカエデ、ムラサキシキブなども咲き、森を艶やかに彩る。栗拾いやキノコ狩りを兼ねたトレッキングにも最適なシーズン。
    情報提供:イベントバンク
  • 【紅葉・見ごろ】本合海
    山形県新庄市本合海[地図]
    期間
    開催日は見ごろ時期の目安、見ごろ時期は気候等により前後する場合あり。夕日に照らされる八向山も風情があり、お勧め。
    紹介
    新庄市の本合海地区は、かの俳聖松尾芭蕉が訪れた「おくのほそ道の風景地」として国の名勝に指定されている。最上川右岸に佇む八向山の山頂付近には中世に築かれた楯(城)の跡が残り、最上川の雄大な流れと、八向山の白い岸壁を彩る紅葉が見事な景観を生み出す。芭蕉が舟で最上川を下ったと伝えられる「芭蕉乗船の地」からの舟下り(本合海航路)では、奥の細道に綴られた自然の美しさを追体験できる。
    情報提供:イベントバンク
  • クニ三上JAZZピアノトリオ
    山形県西置賜郡白鷹町鮎貝7331[地図]
    交通
    山形市より国道348号線で約35分
    山形鉄道フラワー長井線四季の郷駅より徒歩約4分
    紹介
    ライオネル・ハンプトン楽団、デューク・エリントン楽団、キャブ・キャロウェイ楽団、イリノイジャケー楽団数々の名門ビックバンドで演奏するベテランピアニストがニューヨークからやって来る。よく知られたジャズのスタンダードを中心にしたプログラム。※未就学児の入場不可
    情報提供:イベントバンク
  • 国産生ハムフェスティバル in 鶴岡(山形県)
    山形県鶴岡市末広町3-1[地図]
    期間
    雨天決行。COVID-19禍、予定が変更となる場合あり。
    紹介
    日本全国のJクラフト生ハム生産者14工房が自慢の生ハム原木を自らカットし提供する日本唯一のイベント。今年は初参戦が4工房。岩手短角和牛の生ハム、セシーナも登場! 鶴岡といえば、アル・ケッチァーノ奥田シェフ。奥田シェフも巻き込んで開催する。チケットはHPより購入を。 ※マスク着用・アルコール消毒の徹底等COVID-19感染対策を講じての開催となる
    情報提供:イベントバンク
  • 第50回鈴木一雄in小国 秋の写真教室
    山形県西置賜郡小国町小玉川564-1[地図]
    期間
    2泊3日のイベント。10/31(日)正午より受付開始、13時より開講、11/2(火)正午終了予定。
    交通
    荒川胎内ICより約60分
    小国駅から車で約30分
    紹介
    飯豊連峰と朝日連峰に抱かれた小国町には絶好の撮影スポットが沢山ある。写真家鈴木一雄氏を講師に迎え、風景等の撮影実習を行う。1日目は撮影基礎セミナー、2日目に作品添削指導もある。天然温泉で同好の仲間と交流を深め、充実した2泊3日の写真教室。募集人員13名、最少催行人数10名 参加条件:新型コロナワクチン接種を2回終了した人 申込締切日:開催日14日前、1人1室確約、バス1人2席利用
    情報提供:イベントバンク

エリア絞り込み(山形県)

NAVITIMEの広告を確認してみる