ルート・所要時間を検索
出発
到着

最寄り駅

最寄りバス停

六甲山の写真  (3件)

  • ナビタイムジャパン

  • ナビタイムジャパン

  • ナビタイムジャパン

六甲山  詳細情報

  • 住所
    兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷
  • ジャンル
  • 紹介
    日本夜景遺産にも選定されている夜景スポットで有名な山。「展望台(六甲山上展望台)」からみる1000万ドルの夜景は必見。夜はイルミネーションが点灯され、さらに幻想的な雰囲気で夜景を楽しむことができる。六甲山周辺には植物園や、アスレチックパーク、ゴルフ場など、子供から大人まで楽しめる施設が豊富にあり、中でも「六甲ガーデンテラス」にある「自然体感展望台 六甲枝垂れ」は六甲山の新名所となっている。
  • コース1
    芦屋川ルート
    阪急芦屋川駅から高座ノ滝、風吹岩、本庄橋跡、六甲山最高峰を経由して有馬バスターミナルまでの王道コース。岩場、滝、川、緑の全てを体験できる。高座の滝前の茶屋で食事が出来る。ここから先は山頂付近の茶屋まで(約3時間)はトイレがないので注意。高座の滝からは「ロックガーデン」と呼ばれる岩場が続く。雨ヶ峠から最高峰までは1時間以上の道のりとなるため、雨ヶ峠で長めに休憩を取るといい。
  • コース2
    宝塚ルート
    六甲縦走の大会で有名な、須磨から宝塚へと抜ける六甲全山縦走路。本ルートはそのゴール地点、宝塚駅から六甲山頂まで登り、有馬バスターミナルへと続くルート。一番険しいのは塩尾寺付近まで。ここまで来れば後はゆっくり歩いていくだけ。岩倉山の山頂や宝塚や西宮を一望できるスポットも。大平山を越えたあたりでようやく半分。この縦走路は、たくさんの分岐を通るが、人気のルートのため標識が数多く迷う心配はない。
  • コース3
    東おたふく山ルート
    芦屋からバスに乗り、東おたふく山登山口から、ササの草原が広がる東おたふく山を越えて、六甲山最高峰を目指すルート。なだらかな道が多い、ハイキング向けのルートでもある。ササの草原が広がる東おたふく山山頂は見通しもよく、紅葉の時期は周囲の山々が色づく様子が見渡せる。芦屋川ルートと合流する「雨ガ峠」にある広場でお弁当を広げる人が多い。六甲最高峰から有馬温泉へ抜けるルートは歩きやすい一本道。「太陽と緑の道」と名づけられた緑豊かなハイキングコース。森林浴にもってこい。
情報提供:ナビタイムジャパン

六甲山までのタクシー料金

【店舗の方向け】上位掲載広告について
 
NAVITIME
3