NAVITIME Data Sync

ナビタイムの
データ一元管理サービス

ナビタイムの技術とノウハウを活用して、社内でバラバラに参照されている店舗・商品データを一元管理することができます。
一元管理したデータは自社のwebサイト・アプリだけでなくGoogleマイビジネスなどの外部メディアに自動連携され、お客様に最新の情報を届けることでデジタル集客力を強力に高めます。

NAVITIME Location Platform Data Sync

お客様に最新の店舗情報を届けられていますか?

お客様に最新の店舗情報を
届けられていますか?

自社メディアは「4人に1人」しか見ていない

実際に店舗に来るお客様のうち、自社メディアを見て来た方は4人に1人と言われています。残りの3人は他社メディアを見ているのですが、他社メディアだと管理が出来ず情報が古いままだったり、間違っていることもあります。

ユーザーの検索意図とずれていて情報が見つけられない

店舗情報を更新できない理由として、こんな課題はありませんか?

CASE 1

データが一元管理されていない

部署ごと、店舗ごとでデータが散在していたり、フォーマット化がされていなかったり、そもそもデータが無い、ということはありませんか?各店舗からデータを集めにくいということもあるかもしれません。

データが一元管理されていない
CASE 2

メディアに適切な形で掲載できていない

各メディアごとに連携仕様が異なり、連携が面倒で行えていない、更新が追いついていない、そもそも知らないうちに口コミなどで間違った情報が掲載されている、ということもあるのではないでしょうか。

メディアに適切な形で掲載できていない

NAVITIME Data Syncがまとめて解決します。

NAVITIME Data Syncがまとめて解決します。

データを一つに集約

データを一つに集約

社内で多重管理されている店舗・商品データを一つにまとめ、データ資産を活かしやすくします。
社内外のどこからでも、常に最新のデータを利用することができるようになります。

データ管理をかんたんに

データ管理をかんたんに

店舗・商品データの一元管理を実現し、データの追加や更新にかかる煩雑なコストを大幅に削減することができます。
ワークフローや権限管理にも柔軟に対応します。

多彩なメディアとの連携

多彩なメディアとの連携

一元管理された最新のデータは様々な外部メディアに自動連携されます。 Googleマイビジネスにも常に正確な情報が表示されるため、MEO対策も手間をかけずに実現することができます。
>>MEOについてもっと詳しく知る

導入事例

導入企業様(一部)

導入事例

導入企業様(一部)

ブログ

デジタル集客に必須の
MEO・ローカルSEO
対策完全ガイド

無料で見る