オンラインとリアルを融合したデータ活用によって患者さんのサポートに繋げたい

科研製薬株式会社様事例トップ画像
科研製薬株式会社様ロゴ画像
社名
科研製薬株式会社
業種
医薬品
事業概要
1917年に設立された理化学研究所(理研)を原点とする研究開発型製薬企業。特に皮膚科や整形外科の領域に強みを持つ。2020年11月26日に原発性腋窩(えきか)多汗症治療剤「エクロック®ゲル5%」を発売。
利用サービス
Location Cloud Media
店舗検索ページを見る

導入のきっかけ

ワキ汗で悩んでいる患者さんに病院で治療できることを知っていただきたい

今回の病院検索は「原発性腋窩(えきか)多汗症」の疾患啓発目的でスタートしました。「原発性局所多汗症」は局所的に日常生活に支障をきたす程の大量の汗をかく状態のことで、特にワキの下(腋窩)に生じる場合を「原発性腋窩多汗症」といい、国内での有病率は5.75%とされています。特徴の一つとして、若い世代の有病率が高いことがわかっていますが、疾患認知率が低いため医療機関を受診するケースが少なく、一人で病気に悩んでいる患者さんが多数いらっしゃいます。今回、原発性腋窩多汗症用外用薬としてエクロック®ゲル5%(以下エクロック®)が承認され、疾患の認知を広げたいと考えました。

オンラインで病院を探せるようにするため、疾患啓発サイトから病院検索までワンストップで情報提供できるデジタル活用にチャレンジ

この疾患は若い世代の患者さんが多いため、Webサイトでの疾患啓発と相性が良いと考えました。『ワキ汗治療ナビ(https://wakiase-navi.jp)』での情報提供にも力を入れています。また、疾患に気づいても他の人に相談しづらいと感じる患者さんも多いと言われています。そのため、実際に多汗症の治療ができる病院探しまでオンラインで完結できるようにしたいという思いがありましたので今回がいいタイミングになるのではと思いチャレンジしました。

NAVITIME Location Cloud に決めた理由

地図やバス検索などUIの使いやすさ

一番の決め手としては病院検索サイトのUIがきれいでわかりやすいと感じたことです。サイトのUIが古い感じではなく、今回のターゲットである若い世代も使いやすいであろうと考えました。特に地図画面での店舗リストを見ながらアイコンで営業時間がわかる表現が便利でわかりやすいです。
機能面をみても、バス停検索やIC検索などナビタイムさんらしい検索機能が充実していました。またそういった機能が充実していることから、SEO上の効果が見込めたところもよかったです。

病院検索サイト

活用方法・活用例・導入後の効果

現場社員にも浸透した施設登録フローの構築や他施策と連動した効果測定

管理ツールにより構築した登録フローは現場にも浸透

施設の新規登録については社員が担当施設をそれぞれ登録し、私達本部で承認して公開するフローにしています。管理ツール(Location Cloud Manager)の機能によりそういった承認フローが組めたことが非常によかったです。 また、施設の登録件数が当初想定していたより多かったことには驚きました。現場にも浸透していることがわかって嬉しい限りです。公開から3ヶ月以上たった今でも施設の登録が増え続けています。

他の施策と連動した効果計測

弊社ではデジタル広告も運用していますが、そういった他の施策と連動して病院検索のPVを分析することで来院に繋がる効果測定ができるようになりました。また、SEOで上位にきていることから病院検索サイト自体のPVも多く、疾患啓発サイトを経由しなくても病院の検索から直接弊社のサイトを見ていただいているユーザーもいます。それも狙い通りでした。 実際に運用がはじまってみても管理ツールの使い勝手がよく、必須項目が選べたり、社内のコードと紐付けて効果測定をしたりと、自由度が高く活用できています。疾患啓発の追従バナーの追加や効果測定のためのレポートに対応していただくなど、サポートも充実していました。

承認フローイメージ

今後の展望とナビタイムへの期待

検索から診療まであらゆるデータを統合したい

今後、どのような人がどこから流入して利用したかを、オンライン上での検索から実際の診療まで、BIツールとも連携して一貫したデータとして分析できるようにしたいと考えています。利用者像を分析することによって、今後のプロモーションにも活かせます。あらかじめ患者像を医師にお伝えすることで、医師と連携した患者さんのサポートが可能になってきました。 オンライン診療との連携についても、今はまだ統合が難しい段階ですが、親和性は高いと思っています。実際の診療と結びつく位置情報を持っているナビタイムさんにも、ぜひそういったデータの繋がりがわかる仕組みづくりをお願いしたいところです。